roomkick SNEEP

株式会社シービージャパン

am_brand-06.jpg

ルームシューズのあり方を見直し、生活者の需要や不満点に耳を傾け、開発をスタート。硬いフローリングにおいて日常を快適にする厚底ソールをミニマルな構造で実現。企画ワークショップから商品・コミュニケーションデザインを担当。

Before

新商品開発の新たなプロセスとして人間中心デザインの仕組みを取り入れ、日常のスリッパへの不満の解消、新しいスタイルの提案を行うプロジェクトとしてスタート。生活者リサーチから企画への転換までを共同で行い、デザインによる新しい価値創造をワークショップで組み立てていきました。

​Approach

多くの商品が安く手に入るスリッパにおいて、使用感を見直し、住宅の硬いフローリングでの移動や立ち仕事での衝撃緩衝性、歩き方の変化に着目。厚底で軽量のソールに直接アッパーを組み合わせることで、部品数を削減し、洗える構造を実現。インテリアとのマッチングや来客、ギフトにも対応できるファッション性、パッケージデザインまで一貫して制作しました。

Category

Product Planning, Development, Product Design, Graphic Design, Photograph, Brand Collaboration, Education, Workshop Design

​Credit

Creative Director:Daisuke Fushimi(amadana)
Creative Director:Satoshi Matsubayashi(amadana)
Product Designer : Daisuke Fushimi(amadana)