トップ > アップデートの変更点

 

SAL本体ソフトウェア (Ver. 2.0)の主な変更点

 

1、充電方法が変更になりました
2、電源オフ時の電池消費量が少なくなりました
3、充電が必要になると、アラーム画面が表示されます
4、連続使用時間が変更になりました
5、電池残の表記目安が変更になりました

バージョンの確認方法アップデートの方法取扱説明書最新版

 

1、充電方法が変更になりました

  <最新バージョン(Ver.2.0)>
本体の電源をいれてパソコンのUSBポートに差し込むことで充電が開始します。約120分で充電が完了します。
また電源が入らない場合は、そのままパソコンのUSBポートに差し込むと約30分後に自動で電源が入り、その後約120分で充電が完了します。
充電の際はタリーランプが点灯し、充電が完了すると消灯します。
<以前のもの(Ver.1.0)>
電源を立ち上げてからパソコンのUSBポートに差し込むことにより約120分で充電が完了します。
電源が立ち上がらない場合、そのままUSBポートに差し込んで約30分、その後電源を入れて再度パソコンのUSBポートに差し込むことで約120分後充電が完了します。

 

2、電源オフ時の電池消費量が少なくなりました

  <最新バージョン(Ver.2.0)>
電源を切るとスリープモードとなり、この状態からの再起動は4秒ほどで立ち上がります。
電源を切ってから4時間操作がないと自動的に電源オフとなります。
電源オフの状態からの再起動には15秒程度時間がかかりますが、消費電流が少ないため電池の持ちが良くなります。
また、スリープ状態の際はタリーランプが点灯しております。
<以前のもの(ver.1.0)>
電源を切った際には本体はスリープモードとなっており、この状態で放置すると満充電から4日ほどで電池が放電しきってしまい電源が入らなくなります。

 

3、充電が必要になると、アラーム画面が表示されます

  <最新バージョン(Ver.2.0)>

電池が足りない状態で電源ボタンを押すと上記の画面が立ち上がります。
ご使用になる前に充電をするようにしてください。
さらに電池が少なくなるとタリーランプが点滅します。
<以前のもの(zver.1.0)>
電池がなくなると、電源ボタンを押しても電源が立ち上がらず、ディスプレイに表示がされません。

 

4、連続使用時間が変更になりました

  <最新バージョン(Ver.2.0)>
連続録画、再生ともに110分
<以前のもの(Ver.1.0)>
連続録画、再生ともに120分

 

5、電池残量の表記目安が変更になりました

  電池残量はあくまで目安です。ご使用状況により変わります。

<最新バージョン(Ver.2.0)>

電池残量の目安

100〜60%
60〜20%
20%以下
<以前のもの(Ver.1.0)>

100〜40%
40〜10%
10%以下

  バージョンの確認方法アップデートの方法