トップ > 充電について > SAL本体バージョンが2.0以前の場合の充電方法

 

<SAL本体バージョンVer2.0以前の充電方法>

 

1、電源が入るとき


SALの電源を入れ、REC STANDY(録画スタンバイ)、またはPLAY STANDBY(再生スタンバイ)モードで
電源を入れたパソコンのUSBポートにつないでください。
ディスプレーの電池マークが充電中となり、充電が開始します。
しばらくするとオートパワーオフ機能でSALの電源が落ちますが、充電は継続されています。
満充電までは2時間かかります。
※DEVICE MODEでPCにつなぐとアプリケーションが起動し、充電と同時に放電も行いますので満充電されない場合があります。

充電方法についてブログでもご紹介しております。
http://blog.amadana.com/2009/06/09/post-13/
 

2、電源が入らないとき

  電池が完全になくなっています。
このままでは充電ができないので、以下の方法で充電をしてください。

電源が入らないまま、電源の入ったパソコンのUSBポートに30分つないでください。
その後、SAL本体の電源ボタンを3秒ほど押して電源を入れてください。
SAL本体の電源が入るのでそのまま再度、パソコンのUSBポートに接続して2時間充電をしてください。


ここで電源が入らなかったら再度以下の通りの手順で試して下さい。

SAL本体のリセットボタンを押して、電源の入ったパソコンのUSBポートに30分つないで充電してください。
その後、SAL本体の電源ボタンを3秒ほど押して電源を入れてください。
SAL本体の電源が入るのでそのまま再度、パソコンのUSBポートに接続して2時間充電をしてください。



※電池がない状態から起動するには、SALの電源が切れた状態で30分以上充電が必要です。
 それより短い時間でUSBを抜かないでください。
 抜いてしまった場合は、もう一度リセットボタンを押してUSBポートに30分以上つないで充電し、上記の手順を繰り返してください。
 また、SALの電源を入れない状態で充電を続けても満充電されません。
 電源が入るまで充電されたら、電源を入れた状態で充電をしてください。


電源が入らない時の充電方法についてブログでもご紹介しております。
http://blog.amadana.com/2009/06/09/post-15/
  SALをさらに快適にご使用いただけるよう、本体ソフトウェアのアップデートを行っております。
最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
  バージョンの確認方法バージョンの確認方法 アップデートの方法